スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石歩道橋事故 元副署長を強制起訴 改正法に基づき初(毎日新聞)

 11人が死亡した兵庫県明石市の歩道橋事故(01年7月)で、検察官役を務める指定弁護士は20日、県警明石署の榊和晄(さかき・かづあき)・元副署長(63)=退職=を業務上過失致死傷罪で在宅で起訴した。昨年5月施行の改正検察審査会法に基づき強制的に起訴する全国初のケースとなった。

 起訴内容は、同署の警備本部副本部長として事故を予見できたのに、不十分な雑踏警備計画を是正しなかったうえ、当日も、歩道橋の状況を把握して通行規制など事故防止策を指示する義務を怠った、としている。今年1月の神戸第2検察審査会の起訴議決を踏襲した内容で、榊被告はこれまで否認している。

 神戸地検は02年12月、書類送検された12人のうち、同署、市、警備会社の各現場責任者ら5人を起訴。事故当日の過失に限定して検討し、元署長(07年7月に病死)と榊被告については「現場の状況把握が困難だった」として容疑不十分で不起訴処分にした。しかし、指定弁護士らは「警備計画作成段階にさかのぼらないと事実関係は理解できない」とする同検審の判断にならい、事故当日だけでなく計画段階の過失も起訴の対象にした。

 また、同罪の公訴時効は5年だが、指定弁護士らは同署元地域官の金沢常夫被告(60)=上告中=を共犯者と認定。刑事訴訟法の共犯の時効規定に基づき、榊被告の時効は停止していると判断した。

 指定弁護士は公判で冒頭陳述や論告・求刑なども行う。公判では、遺族のほか、公訴時効について専門家から意見を聞く方針。【重石岳史】

 ◇指定弁護士3人「やっとここまで来たという感じ」

 指定弁護士3人は20日午前11時半から記者会見。主任の安原浩弁護士は「やっとここまで来たという感じ。今後の立証も大変だが、身が引き締まる思い」と話した。補充捜査の対象については「言えない」と答えるにとどまった。

 また、安原弁護士は、起訴議決をした検察審査会の判断について、「(今回調べてみて)起訴されてしかるべき事案だと確信した」と話した。被害者参加制度については、「被害者と密接に連携をとってサポートしたい」と話し、積極的に活用する方針を示した。

【関連ニュース】
明石歩道橋事故:元副署長を20日に強制起訴
明石歩道橋事故:元副署長、全面可視化を拒否
JR福知山線事故:検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁
福知山線事故:JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審
明石歩道橋事故:遺族「補充捜査を」 要望書を提出

患者・家族への支援活動を顕彰-脳卒中協会が「サノフィ・アベンティス賞」(医療介護CBニュース)
足利事件 栃木県警が検証結果を遺族に報告(産経新聞)
<千日前線>電車床下から煙 乗客避難もけが人なし 大阪(毎日新聞)
警察手帳偽造、タイヤの値引き交渉中にちらつかせる 警察署協議会委員の男書類送検(産経新聞)
<自殺>思春期までに親自殺なら率は3倍 スウェーデン調査(毎日新聞)

自首の母親逮捕 福島、長男殺害の疑い(産経新聞)

 福島県警郡山署は20日、小学3年の長男を殺害したとして、殺人の疑いで同県会津若松市門田町日吉対馬館、無職、佐藤路子容疑者(34)を逮捕した。

 逮捕容疑は18日午前1時半ごろ、福島県南会津町と栃木県の県境付近の空き地に止めたワンボックスカーで、恵斗君(8)を殺害したとしている。

【関連記事】
11歳長男を殺そうとした母逮捕
逮捕の母「外で働いていたい」夫の子育てに不満も
「おれじゃない」叫ぶ“普通の父” 妻・義母・乳児殺害
「いなくなれば楽になると思った」 長女の首絞めた20歳母逮捕
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

摂関時代は寝殿造、初の裏付け 藤原氏の別荘跡(産経新聞)
橋下知事のキャッチフレーズ、府が使用自粛(読売新聞)
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる-厚労省内事業仕分け(医療介護CBニュース)
福井県の女性滑落死=北ア・鹿島槍ケ岳-長野県警(時事通信)
男児十数人に性的虐待 養護施設の男性指導員(産経新聞)

ライター、回収も検討へ 消費者庁(産経新聞)

 子供のライターによる火遊びが原因とみられる火災や事故が相次いでいることを受け、大島敦消費者担当副大臣は15日、各家庭にあるライターの回収が可能かどうか検討を始めることを明らかにした。

 同日開かれた消費者庁や経済産業省など関係省庁で構成する消費者安全情報の会議でも、ライターの安全基準を強化する法整備などととともに、ライターの回収についても消費者庁側から提案された。

 ライターは国内で約6億個流通しているとされ、大島副大臣は「家庭にたくさんあるが、捨て方が分からないという人も多い。ひとつの対策として問題提起した」と説明。「回収は簡単ではない。回収ボックスなどにためると危険が増し、ペットボトルとは違う」とも述べ、慎重な検討が必要との認識を示した。

【関連記事】
幼児事故多発で100円ライター消えるかも?
消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発
日本医師会宛の鉢植え発火 職員のライターからフィルム引火か
子供のライター遊び火災、5年で28件 新潟県が注意喚起
子供のライターのいたずらか、ワゴン車全焼 宮城

タクシー無賃乗車、売上金盗む=容疑で男子高生ら3人逮捕-警視庁(時事通信)
「成長戦略」追加、民主が参院選公約の骨格案(読売新聞)
胴体も女性会社員と確認=福岡県警(時事通信)
【from Editor】同音異義語たちと仲良く(産経新聞)
ドミノ・ピザに強盗、捕まえてみれば元社員(読売新聞)

風俗店「じゃじゃ馬」放火 解雇された元従業員逮捕(産経新聞)

 勤務先だった風俗店に火をつけ、店長らを殺害しようとしたとして、警視庁巣鴨署は9日、現住建造物等放火と殺人未遂の疑いで、東京都豊島区東池袋の無職、菊地敏行容疑者(61)を逮捕した。同署によると、菊地容疑者は「解雇された腹いせに焼き殺そうとした」などと容疑を認めている。

 同署の調べによると、菊地容疑者は9日午前2時ごろ、豊島区巣鴨のビル地下1階の風俗店「じゃじゃ馬」のドア付近にガソリンをかけて火をつけ、店内にいた男性店長(54)と男性従業員(61)を殺害しようとした疑いが持たれている。

 同署によると、2人は煙を吸い込み、のどに軽いやけどを負った。店はすでに営業を終え、2人で後片づけをしていたという。菊地容疑者はガソリンをペットボトルに入れて持ち込んだという。

【関連記事】
急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”
個室ヘルスで中3女子働かせる 容疑の店長ら逮捕
桃鉄キャラ無断使用 風俗店や経営者を書類送検
生徒が話題「年齢確認ずさん」 中2雇ったキャバクラ経営者逮捕
北京語で「きれいな中国人を」 風俗店女性2人呼び出し現金奪う

ドタキャンの元朝青龍関らを提訴 1500万円賠償へ(産経新聞)
【高速道路新料金割引】 首都高速、阪神高速は対距離料金へ(レスポンス)
ヤシの木にオオシマザクラが寄生 「灘のけんかザクラ」と親しまれる(産経新聞)
山崎さんが琴を演奏 宇宙で初の和楽器合奏(産経新聞)
99ドルの手乗りPC発売

逮捕の警部補、盗撮も=県警が懲戒処分-富山(時事通信)

 金沢市の路上で3月、女子高生につきまとったとして現行犯逮捕された富山県警公安課警部補の坂越正明容疑者(43)が、被害者らのスカートの中を盗撮していたとして、石川県警は8日、迷惑防止条例違反(卑わいな行為等の禁止)容疑で書類送検した。富山県警は同日、同容疑者を停職3カ月の懲戒処分とし、同容疑者は依願退職した。
 富山県警監察官室によると、坂越容疑者はこの女子高生のほか、昨年8月にも富山市内のショッピングセンターで、別の女子高生のスカート内をビデオカメラで盗撮したという。同容疑者は「女子高生の制服姿に興味があった。大変申し訳ないことをした」と認めているという。 

【関連ニュース】
4都県警と鉄道会社連携=15日から痴漢対策強化期間
埼京線全編成に防犯カメラ=痴漢防止に効果、1車両に4台-JR東
さくらポリス、1年で46人摘発=痴漢など情報1616件
警視庁警部補を現行犯逮捕=電車内で痴漢の疑い
警視庁職員を逮捕=女性教諭に痴漢容疑

<将棋>清水女流王位・女流王将が秋にコンピューターと対戦(毎日新聞)
【科学】野口さん、のびのび宇宙生活3カ月(産経新聞)
良い方向の分野、「医療・福祉」が増加-内閣府世論調査(医療介護CBニュース)
新党、月内結成へ=与謝野、園田氏-平沼氏との連携も(時事通信)
子ども手当「外国人に590人分支給」 「まったくのデマ」で騒ぎに(J-CASTニュース)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。